日本は住みにくい?「外国人が暮らしやすい国」ランキング・トップ&ワースト10 居住者が評価

 海外移住というと敷居が高いイメージがあるが、移住先の土地によっては案外、想像よりも簡単に馴染めるのかもしれない。移住にまつわる情報交換のためのオンライン・コミュニティ「インターネイションズ」は、外国人が住むのに最高の国ランキングを発表している。

 最新版となる2022年版では、181の国と地域に住む海外赴任者や海外採用者など、計1万1970人が調査に協力した。「生活の質(社会インフラなど)」「定住のしやすさ(住人の友好度など)」「海外での仕事(労働文化など)」「家計」「海外生活の必須事項(デジタル環境や言語障壁など)」のカテゴリから、計最大56の項目を7段階で評価している。

 50 人以上の回答を得られた国・地域を対象とし、今回は52の国・地域が該当した。その結果、ベスト10とワースト10は、それぞれ次のような顔ぶれとなった。ランキング中に日本の名前も挙がっているようだ。まずベスト10から見ていこう。

◆ベスト10位:シンガポール

Richie Chan / Shutterstock.com

 必要な施設がコンパクトにまとまった都市国家のシンガポールは、「生活の質」カテゴリのうち「旅行と交通」で世界1位を獲得した。「環境と気候」でも17位に入っており、日々の暮らしやすさが好評のようだ。

◆ベスト9位:オーストラリア

Taras Vyshnya / Shutterstock.com

 9位には、なまりがあるが英語が通じ、生活水準も高いオーストラリアがランクインした。現地は雇用機会に恵まれており、「海外での仕事」カテゴリ全体で世界2位になっている。リラックスした労働文化も好評で、柔軟に働けると答えた回答者は78%に上っている。

次のページ 物価が安くて住みやすい東南アジア




Text by NewLuxe 編集部